COVID-19関連追加(2020612日)

 

【日本のクラスター班によるコミュニティにおけるクラスターの分析】

Yasuda I, et al. Clusters of coronavirus disease in communities, Japan, January–April 2020. Emerg Infect Dis. 2020 Sep.

https://doi.org/10.3201/eid2609.202272

Yuki Furuse1, Eiichiro Sando1, Naho Tsuchiya1, Reiko Miyahara1, Ikkoh Yasuda1, Yura K. Ko1, Mayuko Saito, Konosuke Morimoto, Takeaki Imamura, Yugo Shobugawa, Shohei Nagata, Kazuaki Jindai, Tadatsugu Imamura, Tomimasa Sunagawa, Motoi Suzuki, Hiroshi Nishiura, and Hitoshi OshitaniComments to Author 

Author affiliations: Kyoto University, Kyoto, Japan (Y. Furuse, K. Jindai); Nagasaki University, Nagasaki, Japan (E. Sando, I. Yasuda, K. Morimoto); Tohoku University, Sendai, Japan (N. Tsuchiya, Y.K. Ko, M. Saito, T. Imamura, S. Nagata, H. Oshitani); National Center for Global Health and Medicine, Tokyo, Japan (R. Miyahara); Niigata University, Niigata, Japan (Y. Shobugawa); Japan International Cooperation Agency, Tokyo (T. Imamura); National Institute of Infectious Diseases, Tokyo (T. Sunagawa, M. Suzuki); Hokkaido University, Sapporo, Japan (H. Nishiura)

Background

COVD-19は典型的には呼吸器症状を伴う発熱疾患であり,世界で感染が広がっている.20203月にCOVID-19パンデミックが宣言される前に,WHOは諸外国に対して,ウイルス拡大を防ぐために感染者やクラスターを特定し,そして感染者を隔離し,接触者を追跡することによってコミュニティに感染が広がるのを防ぐ方針をとるよう推奨した.COVID-19感染の少数のクラスターの報告は散見されるが,クラスターについての包括的な意義についてのオーバービューはほとんど報告されていない.我々は日本におけるCOVID-19クラスター61件を分析し,クラスター内の発病率に関与した可能性があるプライマリケース(probable primary case22人を同定した

The Study

2020115日〜44日に報告されたCOVID-19症例を分析した.PCR検査で確定されたCOVID-19症例は全例厚生労働省の報告しなければならない.各症例への問診を通して,その地域の管轄保健所は感染源,接触歴,渡航歴などの情報を集める.この研究期間中にPCR陽性は3184人(うち帰国者309人)が報告された.帰国者を除いた2875人のうち1760人(61%)は感染経路が同定された(Figure 1, panel A).この研究では23日から31日に横浜港に停泊していたダイヤモンドプリンセスの712人を除外した.

家庭内感染を除き,共通イベントや開催地で最初の曝露から5人以上の感染が確認された場合をクラスターと定義した.またクラスター感染者とのクラスター外における接触者の感染(secondary transmission),例えば5人以上の感染が確認された介護施設内の接触者である祖母を持つ少年Bと接触した少年Aを含めた3人の感染が確定した場合の少年Aならびに少年Bのようなケース(祖母が介護施設クラスターの1人であった)は除外した.

感染状況を調査した結果,様々なコミュニティにおけるクラスター61件を同定した;医療機関18件(30%介護施設(ナーシングホームやデイケアセンター)10件(16%レストランやバー10件(16%職場8件(13%ライブコンサート,合唱団,カラオケといった音楽関連7件(11%ジム5件(8%冠婚葬祭会場2件(3%飛行機内(transportation-related incident in an airplane1件(2%.ほとんどのクラスター(39/61件;64%)から5-10人の感染が認められた(Figure 1, panel B).100人を超えるメガクラスターは病院内感染(患者やスタッフ)で認められた30人を超える病院以外のメガクラスターは音楽ライブコンサート(ミュージシャン,聴衆,スタッフ)で認められた流行期の11週目,14週目におけるクラスターの50%以上は医療機関や介護施設クラスターであった(Figure 1, panel C

我々は各クラスターにおける有症状であるプライマリケースと考えられた22人を同定した.病院内クラスターにおいて,プライマリケースは同定できなかった.プライマリケースは女性9人(41%),男性13人(59%)であった.年齢層では,20-19歳が6人(27%30-39歳が5人(23%であった(Figure 2, panel A16件のクラスターにおいて,プライマリケースから感染が広がった日時を同定し,プライマリケースの41%9/22人)はその時点では前症状あるいは無症状であったことが判明した;感染伝播時に1人のみが咳の症状を認めていた(Figure 2, panel B).プライマリケース22人のうち10人(45%)はCOVID-19診断確定時に咳を認めた.感染伝播時期を同定できた16人においては,感染伝播は発症1日前(5人;31%発症同日(4人;25%であった(Figure 2, panel C前症状あるいは無症状感染伝播はどの年齢層でも認められた

Conclusions

・日本ではインポートケースからの感染拡大が2波確認されている.医療機関や介護施設に感染が広がった11週目(39日〜15日),14週目(330日〜44日)に際立っており,それはインポートケースからの感染拡大の第2波以降の3週間以内に一致している(Figure 1, panel C医療機関や介護施設の感染は地域の感染伝播サイクルの最後に位置するのかもしれない.なぜならば,これらの施設のクラスターはコミュニティにおける感染が続いた数週後に判明するからだ.

クラスターは密接し多くの飛沫が飛び交う環境,すなわちカラオケでの歌唱,クラブでの喧噪,バーでの会話,ジムでの運動などに関連する日本政府・厚生省はCOVID-19の感染拡大のリスクとして,3密”を避けることを推奨したavoid the “Three Cs”: closed spaces with poor ventilation, crowded places, and close-contact setting).

クラスターのプライマリケースのうち半数(11/22人)は20-39歳と,日本におけるCOVID-19患者の年齢分布より若年である(Figure 2, panel A.若年者と高齢者の感染伝播の違いにおいて,それぞれの社会的,生物学的因子がどのような役割を担うかはわからない.また咳といった明らかな呼吸器症状を認めなくても,ウイルスは広がり,クラスターを生み出すということもわかった

limitation: すべての観察は,自発的な協力から成り立っている.従って,あるケースでは濃厚接触を同定できなかったため,クラスターのリンクがわからなかった.日本は追跡調査にデジタルデバイスを使用していないため,問診からの情報のみであり,リコールバイアスが生じているかもしれない.また我々は,そのクラスター環境にいた人達の数を把握しきれていないため母数が不明であるがゆえにプライマリケースからの二次発病率は計算していない

クラスターを同定することによって,接触者に対して効果的な検疫を行うことが出来る.またクラスター形成のリスクを同定することができる

 

Figure 1: Analysis of 61 clusters of coronavirus disease (COVID-19) cases in communities in Japan, January 15–April 4, 2020. A) Cumulative number of COVID-19 cases, including the proportion of local cases with epidemiologic links to known confirmed cases. B) Distribution of clusters by number of cases in a cluster by category. C) Incidence of clusters of cases according to epidemiologic week as determined by date of confirmation of the first case in a cluster. Incidence of COVID-19 cases (weekly number of newly reported cases) in Japan and timing of two importation waves are also displayed. Epidemiologic week 3 corresponds to January 15, 2020, in panel A.

Analysis of 61 clusters of coronavirus disease (COVID-19) cases in communities in Japan, January 15–April 4, 2020. A) Cumulative number of COVID-19 cases, including the proportion of local cases with epidemiologic links to known confirmed cases. B) Distribution of clusters by number of cases in a cluster by category. C) Incidence of clusters of cases according to epidemiologic week as determined by date of confirmation of the first case in a cluster. Incidence of COVID-19 cases (weekly number of

 

 

 

Fugure 2: Analysis of probable primary cases of coronavirus disease (COVID-19) among 22 clusters in communities, Japan. A) Age ranges of probable primary COVID-19 cases in clusters. Age distribution among all COVID-19 cases in Japan is provided as reference. B) Proportions of symptoms among probable primary cases of COVID-19 clusters at transmission (n = 16) and among at laboratory confirmed diagnosis (n = 22). 1, Asymptomatic; 2, fever; 3, fatigue; 4, cough; 5, sore throat; 6, headache; 7, arthralgia or myalgia; 8, runny nose; 9, diarrhea; 10, difficulty breathing. C) Distribution of probable primary cases of COVID-19 clusters by time of transmission compared with illness onset by age groups (n = 16). Six cases were excluded because the time of transmission was undetermined.

Analysis of probable primary cases of coronavirus disease (COVID-19) among 22 clusters in communities, Japan. A) Age ranges of probable primary COVID-19 cases in clusters. Age distribution among all COVID-19 cases in Japan is provided as reference. B) Proportions of symptoms among probable primary cases of COVID-19 clusters at transmission (n = 16) and among at laboratory confirmed diagnosis (n = 22). 1, Asymptomatic; 2, fever; 3, fatigue; 4, cough; 5, sore throat; 6, headache; 7, arthralgia or